SSブログ


楽天市場

小学生にオススメのトランプ遊び「スピード」

・スピード

「スピード」は2人で遊ぶゲームで、カードを素早く出していき、相手より先に自分のカードがなくなったら勝ちになります。 それでは、スピードの詳しいルールを紹介していきます。

1、ジョーカーを除いたカードを使い、赤のマークと黒のマークに分けます。
2人が赤と黒のどちらを手札にするか決めて、相手の手札を裏向きの状態でしっかりときり、そのまま相手に渡します。

2、自分の手札を裏向きで持ち、上から4枚のカードを順番に引いて表向きにして並べ、自分の場札にします。

3、手札の次の1枚が台札となるので、「スピード」と声をかけて表向きに出します。

4、お互い出した台札2枚の数字の1つ大きい数字か1つ小さい数字のカードが場札にある場合は、そこからどんどんカードを出して重ねていきます。 色やマークは関係ないので、数字だけ見ていれば良いです。

例えば、台札に「9」があれば「10」か「8」、「A」があれば「2」か「K」、「K」があれば「A」か「Q」を出せるということです。

5、場札は常に4枚並んでいる状態にする必要があるので、場札がなくなったら、手札から足していきます。
どちらかが台札に出せるカードがなくなっても、もう1人が続けられれば、1人でカードを出していきます。

6、2人ともカードが出せなくなったら、台札を変えます。 この時、再び「スピード」と声をかけて、手札から1枚台札に重ねて出します。

7、手札がなくなり場札しかない時に台札に出す場合は、場札から1枚選んで出すことができるのです。 そして、場札もなくなったら勝ちです。 小学生なら、晴れていれば外で遊びたい!という子も多いです。
しかし、雨の日など外遊びができないと、どうしてもテレビゲームや携帯型ゲームをしたり、サンプルを観たりして時間を過ごしてしまいがちです。

今回紹介したスピードは、ルールも簡単で遊んでいるうちにコツをつかんで、どんどんスピードもアップし、汗をかいてしまうほど白熱します。
室内でできるゲームとしてぜひ取り入れてみてください。


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。